読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

植木等が長瀬実夕

看護師免許を得るには、何通りかの道があります。
看護師免許を取得するには、国家試験を受験しなければならないのですが、突然、試験を受けることは認められていません。

試験を受け指せてもらうためには看護専門学校と看護系短大(いずれも3年間)、看護系大学のうち、どれかの学校で、看護に関して勉強することが必要なのです。

楽しく楽しく元気に

高齢化が進み、看護師は福祉施設でも需要が増加傾向にあるのです。
それに、大手の会社になると看護師が医務室などにもいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを実施しています。
こういったケースは、社員としてその会社や企業に入社することもあるようです。看護士になりたいワケは何がきっかけで実際に看護師を目指すことになったのかを入れるとイメージが良くなるでしょう。転職の時のワケはこれまでに経験したことを生かしたいさらに人の役にたつスキルを習得したいなど、ポジティブな印象を与えられるようにしましょう。

以前の職場への批判などは口にしないことが大切です。



看護師の資格を得るための国家が実施する試験は、年に1回おこなわれています。看護師不足を問題視している日本にとってはハッピーなことに、ここ数年の看護師の資格合格率は90%前後と異常に高い水準をキープしている。



看護師の国家試験は、大学入学のような落とすための試験とはちがい、一定のラインをクリアしてしまえば合格できちゃう試験です。
看護師になろうとする人が受ける資格の国家試験は、1年に1回おこなわれます。看護師不足が問題となっている私立ちの国にとってうれしいことにここ数年の看護師資格の合格する割合は約90%と非常に高水準を保っています。


看護師の国家試験は、大学のような選抜するための試験ではなく、一定のラインに達することができれば合格することができる試験です。看護師の勤務の形態は、他の職業にくらべてかなり特殊な上に、職場によって持ちがいます。職場では一般的に、2交代、または、3交代制のシフトが組まれているというケースが多いでしょう。約3割が2交代制、約7割が3交代制なので、かなり3交代制の病院が多いですね。

でも、2交代制の方が休みが増えるので、2交代制の方がいいと考える看護師も多いことでしょう。
看護師が転職で結果を出すためには、将来の思い描いて早くから準備しておくことが重要です。

さらに、何が重要かを考えておいた方がいいでしょう。将来どんな風になりたいのかを明らかにして、その将来設計に合った転職先の情報を少しでもかき集めておいてちょーだい。


年収、職場環境、勤務形態など、自分にとって大切な条件(ないにこしたことはないかもしれませんね)も想定しておきましょう。
日本の看護師の一年間の収入は平均すると約437万円です。

しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員としてシゴトに携わっているため、平均年収は約593万円になります。



公務員看護師は給与上昇率も民間病院とくらべてみると高く、福利厚生も備わっています。準看護師のケースだと、看護師とくらべると平均年収がだいたい70万円ほど低いです。